ベッドはどのように届くのでしょうか?
ベッドはパーツごとに梱包されてお届けされます。

(1)ベッドボード
(2)サイドフレーム
(3)床板
(4)マットレス


 ※引出付の場合は、これに引出しの梱包がプラスされます。









マットレスを搬入するために必要な搬入条件は?
☆搬入するお部屋が2階以上の場合は以下の確認が必要です。



階段で搬入する場合


(1)直線階段の場合
階段の幅、または天井の高さが搬入するマットレスの長さの数値を上回れば、基本的に搬入が可能です。

(2)らせん階段の場合
階段の幅が120cm以上かつ、天井の高さマットレスの長さ上回れば、基本的に搬入が可能です。

(3)屈折階段(踊り場があるタイプ)の場合
1.踊り場の天井の高さマットレスの長さ以上の場合、マットレスの長さ方向を上にして搬入が可能なので、踊り場の奥行きマットレスの幅のサイズ以上あれば、基本的に搬入が可能です。

2.踊り場の天井の高さマットレスの長さ未満の場合は、マットレスの幅方向を立てて、搬入が必要になります。そのため、踊り場の奥行き150cm以上必要です。






エレベーターを使用する場合

エレベーターでのサイズをチェックしましょう

 
ポイントとしては、
エレベーターの扉の高さA
エレベーターの奥行きBです。


1.このときに搬入するマットレスの長さエレベーターの扉の高さAより小さく、 マットレスの幅のサイズエレベーターの奥行きBより小さければ、 マットレスを立てて搬入できるので、問題なく搬入できます。
 

 
2.搬入するマットレスの長さが エレベーターの扉の高さA より大きい場合は、 エレベーターの奥行きBが、 マットレスの長さ以上あれば、 マットレスを寝かせた状態で搬入できるので、 問題なく搬入できます。



3.エレベーターの扉の高さよりマットレスの長さが長い場合
 

 
まず、最初に右の図のようにマットレスを傾けて、先端をくぐらせるようにしてエレベーター内に送ります。
このとき、マットレスの長さが、エレベーター内の高さより小さければ、 エレベーター内はマットレスを立てた状態で搬入することができます。


立てられない場合は、マットレスを斜めにした状態での長さエレベーターの奥行きよりも小さければ 搬入することができます。



廊下・ドアからの搬入について


◆搬入経路に曲がり角がない場合
搬入経路の幅、または高さ搬入するマットレスの幅の数値を上回れば基本的には搬入が可能です。

◆搬入経路に曲がり角がある場合
搬入口(玄関やお部屋)の扉の高さにより、搬入経路の幅に十分な長さが必要になります。下記の(1)〜(3)の数値から、搬入の確認ができます。


◆搬入口の扉の高さが搬入するマットレスの長さ以上ある場合
上記の(1)〜(3)がすべて搬入するマットレスの幅のサイズ+10cm以上あれば、基本的には搬入が可能です。

◆搬入口の扉の高さが搬入するマットレスの長さ未満の場合
上記の(1)〜(3)がすべて搬入するマットレスの長さ以上あれば、基本的には搬入が可能です。
この場合、マットレスの幅方向を立てて搬入が可能になります。


 

その他


・お部屋に搬入後、組み立てるための作業スペースが必要となります。
この場合の目安は約2畳(200×200)となります。
・上記の搬入条件は目安ですので、諸条件により搬入が無理な場合もございます。
※搬入経路に梁、配電線、照明、移動困難な家具などの障害物がないことが前提となります。

 

搬入に関してのお問い合わせは「お電話、メールでも」お気軽にどうぞ
TEL: 050-3540-1047   MAIL: shop@bic3.jp